FC2ブログ

ひまわり

ARTICLE PAGE

予想外の展開で、息子が保育園に入れることになりました。

今日は息子の保育園の話。

先月から近隣の保育園6園ほど見学に周り、

昨日やっと申し込みを済ませてきました。


上の子は幼稚園だったので、今回初めて保育園選びの大変さを知りました。

書類の多さ、わざわざ第6希望までの見学をする手間、

区役所の担当者との面接…。


それを小さい子供を抱えながら、中にはお仕事をしながらこなすお母さんたち。

しかもそんなにがんばっても、なかなか受け入れてもらえなかったりするなんて…。


ほんとに大変ですね。




で、そんなことをちょっと人ごとみたいに見ていられるのは、

うちの場合、おそらく100%保育園に入れると思われるからです。

「落とされる」という可能性がないので、本当にありがたい。



私は今はほぼ仕事をしてません。(週1回程度の子育て支援のスタッフのみ。)

それでなぜ幼稚園ではなく保育園なのかと言えば…。


この間もこのブログで書きましたが、

うちの息子は言葉の遅れがあります。

それも、普通よりかなり遅い。


「幼稚園はこじんまりした小さいところで、遊び中心ののびのび系がいいよなー」とか思ってましたが、

あまりにも全くしゃべり始めないので、

「それ以前に、この子、幼稚園行けるのか…?」

と思うように。


生まれが遅いので、3歳ちょっとで入園することになるのですが、

いっそのこと1年遅らせて、4歳からの2年保育にしようかとも思いました。



が、夏休み明けごろ、療育センターの人に、

保育園には「発達支援枠」というものがあることを初めて聞きます。

普通保育園に通う子は、お母さんがお仕事をしているからっていう理由がほとんど。

でも、その他にも、お母さんが病気とか、求職中とか、色々と項目があるんです。


で、そのひとつが「発達支援」。

つまり、うちの息子のように、発達の遅れがあって普通の幼稚園では難しい子を対象に、

保育園で加配の先生をつけて保育してもらえるというものです。

地域によって違いはあるかもしれませんが、

うちの場合は3歳児クラスから発達支援枠があって、

担任の先生に加えて、もう一人先生がみてくれるんですね。


その園の状況によって受け入れができない場合もあるので、

選べる園は限られるし、希望者が多い場合は希望に添えない場合もあるそうですが、

どこかしらの園には入れるように調整して頂けるとのこと。




上の子のときは幼稚園を経験しましたが、

選んだところが結構お母さんたちが大変なところで(夏休みや冬休みがかなり長かったり、お迎え時間が早かったり。)

しかもお母さん同士の付き合いとか、保護者会の役員がどうのとか、

ちょっとしんどいな~と思ってたんです。そういうの苦手なタイプなので(笑)


で、もう3人目は考えてないし、いずれ仕事を増やすことを考えても、

「保育園に入れたらいいな~。でも求職中の私なんて、即お断りなんだろうなぁ…。」ってあきらめてたんですが、、



なんと、全然知らなかった「発達支援」という制度のおかげで、

幼稚園じゃなく保育園!という予想外の展開に。



それを喜んでいいのかは微妙なところですが、

私のようにその制度を知らなかったお母さん、ちょっとお子さんの遅れが気になっているとしたら、

無理に幼稚園に行かせなくても、保育園の発達支援、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

(あ、もちろん希望しても発達支援の対象になるかどうかは分かりませんが。)





というわけで、申し込みを済ませて、どこの園に決まるかは2月までのお楽しみ。

ちょっとドキドキですが、とりあえずのんびりと年末年始を過ごしましょ^^






スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。