ひまわり

ARTICLE PAGE

きれいな人が、実は意外とモテない理由

きれいな人って、きっと男性からモテて幸せなんだろうなぁ…。

って思ってる人は多いと思います。


そして、

「自分もあんな風に美しい顔に生まれていたら、きっともっとモテただろうに…、世の中って不公平…」

なんてため息をついたり。



でも、

「キレイな人=モテて幸せ」

っていうのは、ほんとは全然違います。


外見はあんまり関係ないどころか、

私が見てきた限り、美女は意外とモテない!


いやいやいや!と思われるかもしれません。

確かに、ちやほやされるのは事実です。

でも、そこから真剣な恋愛になって、付き合いだして、そして結婚して…っていうことになると、話は別なんですね。



私が社会人になって初めて就職したのは化粧品会社でした。

仕事は百貨店での販売。

つまり美容部員というやつです。

1年でやめたけど(笑)



で、そんな華やかな職場ですから、

周りは美人さんがいっぱい!


一緒に働く先輩たちも、まさにアノ感じで、キレイにお化粧したお姉さま達でした。

が、

色々と話を聞いていると、

意外なことを知ることになります。


そのお姉さま達、皆さん彼氏がいたんですが、

「とっても幸せ!」っていう人はほとんどいませんでした。


どちらかというと、彼に苦労させられている方ばかり…。

いわゆるヒモ彼だったり、

結婚を渋られていたり、

経営するお店が上手くいかずに将来が不安だったり、

浮気されたり…。


絵に描いたような幸せな結婚をした人はいなかったな~。

玉の輿のお姫様婚!みたいな。

まあ、お給料のことは関係ないかもしれないけど、

それでもみんなが憧れるような奥様になっていった人はいませんでした。




退職後、何年も経って心理学を学ぶと、

それは「意外」なんかじゃなく、むしろ「必然」かもしれないと気づきました。


「キレイな人」って、生まれ持った顔立ちもあるかもしれないけど、

結構「作られた雰囲気」が大きいと思います。

メイクとか、髪とか、服とか。

「キレイ風」にしてれば案外誰でもそういう感じに見えてしまうもの。


で、そういうきれいな人って、当然見た目に気を遣ってるわけです。

きれいに見えるようにがんばってらっしゃる。



じゃあ彼女たちが「キレイに見られたい」と思い始めたのはなぜか?

全員ではないかもしれませんが、

かなりの確率で、

「キレイじゃない自分なんて、価値がない」と思っているものです。


キレイにしてれば、モテる、愛される。

ってことは、キレイにしてなきゃ愛されない。


美しさに執着してる人って、

実はとっても自信がないのです。


すっぴんで太っててファッションセンスがなくても、彼氏がいる女性もいますが、

実はそういう人の方がよっぽど自信があったりします。


そして自信があるかないかっていうのは、

そのまま「愛されるかどうか」に表れます。


自分に価値がないと思っていると、

それにふさわしい現実がついてきます。

価値がないから、彼氏ができない、ダメんずが寄ってくる、苦労する、浮気される…。

バリエーションは色々ですが、どれも「愛されてないことの証明」になります。



それでも見た目がキレイなら、世間はそこに価値を見てくれます。

だから必死で努力する。

きっとそういう人は「自分がキレイじゃなくなったら…」って考えるのはものすごい怖いことなんだろうと思います。



もちろんキレイになるために努力するのは素敵なことです。

それで彼氏ができて、幸せになることも実際あります。


でも、それも実は「キレイになったから」というよりは、

「自信が持てるようになった結果、男性に愛されることを信じられるようになった」ということ。


だからきれいになったとしても、以前と同じように全く自信が持てなければあんまり意味ないかもしれません。

逆に、見た目が変わらなくたって、「私は愛される」って信じることができればそれで幸せになれちゃうんです。



女性がキレイになるのは、幸せになりたいから。

でも本当の幸せのためには、外見だけじゃなく、自分を大切にすることも忘れないようにしたいですね。

自分で自分を大切にできると、誰かからの愛情も、信じられるようになります。



あ、これは既婚の主婦の私たちでも同じですよー。

苦労の多い疲れたお母さんより、愛され妻になりたいですよね^^













スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment