ひまわり

ARTICLE PAGE

通りすがりのおばあちゃんに学ぶ、あげまん道

ショッピングセンターを息子とプラプラしていたら、

一人のおばあちゃんが話しかけてきました。


小さい子を連れてると、

「かわいいねぇ。何歳?」

なんて声をかけられるのは日常茶飯事。


でもこのおばあちゃんはちょっと変わってました。


「お母さんとお買い物?いいねぇ^^」

なんて普通に声をかけてきたんですが、


今度は私に、

「お母さん、お仕事してないんでしょ?

子供とのんびりするのが一番だよねぇ」

と始まり、

自分も結婚してから一度も働いたことがない、と話し出します。


おばあちゃんは、

今までずっと旦那さんを褒め続け、

最終的にその旦那さんは社長さんになられたんだとか。

どんな規模の社長さんか知りませんが、

とにかく旦那さんの収入だけで、不自由ない生活を送ってきたんだそう。


「すごいねぇっていつも言ってあげれば、

男の人はがんばって仕事してくれるよ。

で、わたしらはのんびり遊んで暮らせばいいの。」




う~ん、

猛烈な男女平等意識の時代を生きていたはずなのに、

そんなことはどこ吹く風?と「女の幸せ」を手にしたおばあちゃん。



「やっぱり専業主婦がいいかも」っていう価値観が復活してきた最近の若い女性たちは、

このおばあちゃんの言葉にちょっと考えさせられるかもしれない。


確かに、眉間にシワを寄せて、旦那の愚痴やお金の心配の話ばかりしている人よりずっと幸せそう。




なぜそんな話を私にしてきたのか分からないけれど、
(色んなお母さんを捕まえて同じこと言ってるのかな。)

偶然出会った尊敬すべき「あげまん」でした。






スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。