FC2ブログ

ひまわり

ARTICLE PAGE

ミニマリストのはみ出た部分

もうすっかり市民権を得ているミニマリスト。

私はミニマリストと言うほどではありませんが、

根っから合理主義で、無駄がないように、余分な物を持たないようにするタイプです。

物に限らず、

身の回りの小さなことで幸せを感じてしまうので、

ある意味とっても安上がり。

食事も質素。

旅行もほとんど行かないし、

派手なことは疲れます。


家がいちばん。

近所の散歩が楽しい。

セールやリサイクルショップで掘り出し物をみつけては、

「これでいいじゃん♪安く済むし^^」っていう感じ。



でもミニマリストって、

ミニマムな生活そのものを目的にしてしまうと、

やっぱり少し寂しい感じになってしまうと思います。

無駄がなく、合理的で、流行にも流されずにシンプルに暮らすのは、

確かにある意味楽で時間も労力もかからずに済むんですが、

「これも無駄、あれもいらない」って突き詰めていくと、

楽しみのない、味気ない、ただ機械みたいに生きてるだけになっちゃう気がするんですよね。

極端な言い方すると。



もちろん「モノ」以外に生きがいや好きなことに情熱を注いでいたり、

穏やかに静かに生活することを心から楽しんでいるのならいいんですが、

結構「無駄」っていうことの中にこそ「楽しみ」とか「意味」があるもんだと思うんです。



例えば私の場合、

外食に行っても自分好みのおいしいものを適正な値段で頂けることは稀なんで、

最近は本当に自炊が一番だと思ってます。

健康のためにも、経済的にも。



でも、たまーにすっごく「もてなされたい」という気分な時がありまして、

自分で作ったり片付けたりせずに、

おいしいものをいただいて、「ごちそうさまでした」って終わりたい!みたいな。


それから、体に悪いしお金もかかると分かっていても、

どうしてもケーキが大好きでしょっちゅう買って食べたりもします。


理屈としてはそういうことは、「無駄」まではいかなくても、

「なくてもいいじゃん」っていうことなんですけど、

そういう部分にこそ、すごい心の満足を感じる瞬間がありまして、

それこそが生きる楽しみなんですよね。



要するに、ミニマムに暮らそうと思ってるけどどうしてもはみ出ちゃう部分っていうのが、

その人にとっての幸せってことだと思います。


そう考えると、別に物欲が強い人はそれが幸せなんだから好きに買えばいいし、

派手な生活をしたい人はそれを楽しめばいいわけです。

本当に心から望んでいるなら。




ミニマリストとか、「持たない暮らし」っていうことの意味は、

ただただ合理的に無駄を省くってことじゃなく、

「本当に自分が心から必要としているもの、好きなものは何なのか?」

に素直になることじゃないかな。


世間一般とか、人からの評価とか、

今まではみんなそういうことを基準に自分の在り方を決めている部分があったけど、

もっともっと、自分らしく、自分軸で生きていいんだよっていう感じ。





最近は、モノそのものより、ライフスタイルとか、経験とか、

そういうことに価値が置かれるようになって、

経済や市場も大分様変わりしてきましたが、

「流行」というものを追いかけているうちは、

結局世間に合わせているだけで、自分らしいスタイルとは言えないのかもしれません。

「流行を追いかける」というスタイルが好きならそれでも全然OKだと思いますけど^^



幸せを求めるのなら、周りや外側ばかりを見ずに、

「私って、ほんとのほんとは、何がしたいの?」

って、自分の心を見つめていくしかないんでしょうね。











スポンサーサイト

- 2 Comments

yon  

No title

いつも楽しく拝見しています。
はみ出た部分が好きなこと、というお話に深ーく納得しました^^
本当にそうですね。
そこまで切っちゃうと本当につまらない。
普段、もや〜と思っていることがスッキリしました。
ありがとうございます^^

2017/12/02 (Sat) 17:15 | EDIT | REPLY |   

moka  

yonさん

ありがとうございます。

もや~がスッキリしたということでよかったです。

つい目が向いてしまう楽しいこと、大事にしたいですね。


2017/12/03 (Sun) 06:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。