FC2ブログ

ひまわり

ARTICLE PAGE

仕事始め、お母さんたちの苦悩と向き合う。

育児支援事業のスタッフとして、今日が年明け初のお仕事でした。

一か月もたっていないのに、日にちが開くと仕事の段取りを忘れがち。

それでも予想以上に多くのお母さんたちが遊びに来てくれて充実した1日を過ごしました。


子育ての話をしていると、

みんな本当に色々悩みを抱えながらもがんばっていらっしゃいます。



朝どうしても子供が起きてくれない。

幼稚園の時間がギリギリなのに、マイペースな子供にイライラしてしまう。

やることがたくさんあるのに、毎日のように寒空の下公園に連れてってとせがまれる。

ずっと抱っこしたまま片手で家事をして腱鞘炎に…。


ひとつひとつを言葉で書くと、

そう大したことじゃないように思われてしまいますが、

毎日毎日そんな日常を戦っているお母さんたちのストレスは想像以上のものがあると思います。



そして何よりも、

お母さんたちが「こんな自分はダメな母親なんだ」と思ってしまっていること、

誰にも弱音を吐いちゃいけないんだと一人で抱え込んでいること、

自分の事なんて構わずに、子供と家事を優先しなきゃいけないと思っていること、


そういう思いが余計に辛いのです。

お話していると、思わず涙をこぼすお母さんもいっぱいいます。



大変な家事や子育ての日々を耐えてがんばるお母さんは素晴らしいかもしれませんが、

頑張りすぎて自分が体を壊したり、

思わず子供に怒鳴ってしまったり、

子供を可愛く思えなくなってしまうのは無理もないこと。



だからせめて、

みんなで励まし合って、共感しあって、許し合える仲間がいるのは大切なことだと思います。


旦那さんにはなんだかんだ言っても本当に気持ちを分かってもらうのは難しい。

誰かに育児を協力してもらうのも現実的に難しい。


それでも、

同じ気持ちで、「ほんと、大変だよね。」って言える場所があると心は救われます。

お母さんたちがほっと一息つけて、笑顔で帰っていける、

今年もそんな場所を作っていくスタッフの一人として、このお仕事をがんばりたいと思います。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。