ひまわり

ARTICLE PAGE

友達と、夫の収入&貯金額をぶっちゃけてお互い驚愕した話。

とっても気が合う同い年の友達。

子供つながりで知り合ったのでママ友ということになりますが、

上っ面だけじゃなく、子供の問題や夫婦関係、自分の過去やら心の闇まで(笑)、なんでも言い合える間柄。


先日子供の教育費とか、食費とか、お金のことで色々おしゃべりしていたら、

「ほんとにお金が足りないわ~」という彼女。

でも、旦那さんのお勤め先を知っているので、私としては「何で?」って感じでした。

おそらくうちよりは稼いでらっしゃるであろうと分かっていたから。


んで、

「こういう話って具体的に数字出すことってみんなしないけどさ、ぶっちゃけどんな感じ?」

ってなって、

お互い今更見栄も恥もないので、ぶっちゃけてしまいました。


そしたらもう、お互いに目を丸くして驚愕!


私は予想はしていたけれど、彼女のおうちがうちより200万くらい年収が多いことと、

それ以上に、彼女の遣いっぷりと、いっぱい持ってるのに「足りない、足りない」と思ってるその感覚にびっくり!

だって、子供の給食費を毎月追われるように振り込んでるって…。

1年分くらいまとめて口座に入れとけば、心配もしなくていいし、銀行行く手間も省けるのに…。

結構な収入があってもそんな感じの人もいるんですね…。




彼女は彼女で、うちの出費の少なさと、貯金額にものすごいびっくりしてました。

この年収の差で、貯金はと言えばうちの方が4倍くらいありました…。

ま、うちの方が旦那が年齢が結構上なんで、その違いもありますけれども。


「なんでそんなに貯めれるの!?」

「何にそんなにお金がかかるの!?」

って、なんか面白いくらいでした。


例えば食費の話だと、

彼女は買い物に行く手間を省くため、食材はすべて宅配。

私も同じ生協で宅配してますが、本当に気に入ってる商品や、重たくて運ぶのが大変なもの、スーパーでも同じくらいのお値段のものなど。

同じ品質でスーパーの方が安いものはスーパーで買います。

ビールとか、オムツとか、そういうのは一番安い大型スーパーのネットスーパーで。


そして、食事の作り方がまた真逆!


彼女:「足りないってなっちゃうのが嫌なの!」

私:「余っちゃうのが嫌なの!」

この言葉を同時に言ったときは、もう爆笑でした。


彼女は、「お腹いっぱい食べたいの。だからあまるくらい作っちゃうのが普通の感覚。でも、食べ過ぎなのは分かってる…」

私は、「余っちゃうのがイヤだから、余らないように作る。足りなかったら足りなかったで食べ過ぎ防止になってちょうどいい。」


この感覚で毎日食事を用意してたら、ちょっとずつ食費も差がでてくるんでしょうね。

まあ、うちは旦那も割と少食だし、私は質素なご飯が好きだし余計にね。


1日の夕飯も、4人分500円くらいで済んじゃうこともよくあります。(まあ、うちはお米がタダなんですが)



食事以外にも、彼女は自分の分だけでスマホ代1万3千円払ってて、

(うちは未だガラケーなんで夫婦で4千円。)

旦那さんは毎晩のように飲みに行って5万必要。とか。


なんやかんやで毎月のお給料は全部使ってしまうんだそうです。


まあ、うちは子供2人、あちらは3人っていう違いも大きいとは思いますが、

それにしても私からすると、明らかにもったいない遣い方…。


貯金は会社で積み立ててる分だけだそうです。




うーん、こういうのって考えさせられますね。

お金って、どれだけ貰ってるか以上に、

金銭感覚がものを言う。



ケチケチするのは切ないけれど、でもやっぱりもったいない遣い方はもったいないですよ。


ちゃんと生活も気持ちも満たされていて、

でも「無駄」はないからお金は足りる。ってのがいいですね。


賢く豊かに、「お値段以上♪」な遣い方をしたいものです。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。