FC2ブログ

ひまわり

ARTICLE PAGE

省エネな生き方

たくさんお金を稼ぐ人は、たくさんお金を遣えます。

お金があるほどたくさんの物が買えるし、良いサービスが受けられます。


それは多くの人が羨む生活。

「自分もそうなりたい…」ってみんなが思ってる。


でも、例えば高収入の「医者」という職業。

明日から自分が医者だとしたら…。

周りから「先生」と呼ばれ、「人の命」という最も重いものに責任を持たなければいけません。

ミスは許されず、ちょっとしたことが患者さんだけでなくその家族の人生も変えてしまうかもしれない…。


それ以前に、医者になるには学生の頃から猛勉強をしなければいけないでしょう。

受験だって、医学部に入ろうとすれば大変な努力が必要だと思います。


医者になるため、医者として仕事をするためにはものすごいエネルギーが必要ってことです。



じゃあ「女優」はどうでしょうか。

これまた憧れの職業。もちろんトップ女優なら相当なお金を稼ぐでしょう。


お医者さんと違って、「美人」は生まれ持った才能かもしれません。

でももし、自分が綾瀬はるかみたいな顔に生まれたとして、

「次の大河ドラマの主役をお願いします」

なんて言われたら、どうでしょう?

そうでなくても、テレビに出るというだけで相当なプレッシャーがあります。

私生活だって、いつも人の視線を気にして、あることないこと噂されて、

危険な目に会う可能性だってあります。

それに、美貌を保つためにはもちろん日々の努力も必要。


こちらも相当なエネルギーが要りますよね。



そこまで極端じゃなくても、

やっぱり多くを得ようと思えば、相応の能力や努力が必要だし、

そのためには時間的にも、労力的にも、かなりエネルギーを費やすことになります。


そう思うと、やっぱり「レジのパート」は楽です。

だからお給料も相応な額になります。


「だからもっとがんばらなきゃ!」ってことではなく、

「だから収入が少なくても文句は言えない…」ってことでもないです。


たくさん頑張って、たくさん稼ぐ人は、

その分良いものを得るだけのお金があります。

豪邸に住んで、高級車に乗って、いいものを着て食べて、

旅行に行けばスイートルームが当たり前かもしれません。


でも、そんな裕福な生活の価値って何でしょうか?

当たり前になってしまえば、感動も薄れていくでしょう。

スイートルームでさえも、「値段の割に狭い」とか、文句を言いたくなることもあるかもしれません。


そしてそういう生活のために、自分のエネルギーを費やさなくてはいけないわけです。


逆に割とゆるい仕事をする生き方は、

豪邸や高級車とは無縁かもしれませんが、

その分余裕をもってのんびりと暮らせたり、趣味や家族と過ごすことに時間を使えます。

ストレスも少なくて済むはず。


そして、

例えそんなにお金をかけられなくても、

ちょっとした贅沢や、日常の中の楽しみに、幸せを感じることができるでしょう。



たくさんのエネルギーを注ぎこみ、

たくさんのお金を得て、

たくさんのお金を消費するか、


ほどほどにエネルギーを使い、

ほどほどにお金を得て、

ほどほどの消費をしていくか、


「幸せ度」はそんなに変わらないのかもしれません。

そこまで必死に自分の時間を捧げてまで、贅沢がしたいでしょうか?


「お金」というものに価値を置きすぎると、

消耗が激しくなるばかり。


少し与えて、少しもらう。

その中でのんびりと小さな幸せを見つけていく。

そんな省エネな生き方も、いいんじゃないでしょうか。



あ、でも、「この仕事に自分を捧げることが私の幸せです」っていうのがやっぱり最強ですけどね^^


例え裕福になっても、

お金やステータスのために自分を犠牲にするような生き方はやっぱり幸せとは言えないってことです。






スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。