ひまわり

ARTICLE PAGE

「急がなくていい」という贅沢

少し前に比べれば、朝、日が昇る時間が早くなってきました。

ちょっとずつ、ちょっとずつ、春が近づいてきています。

この冬の寒さはなかなか手ごわいですが、

朝起きて、外が明るいというだけで、冬の厳しさが緩んできたように感じます。



「朝なかなか布団から出られない」という人は多いでしょう。

朝型の私でも、冬はやっぱりパッと起きられません。

でも、起きてから家族を送り出して、自分も出掛けるまでの数時間って、

主婦にとっては1日の中で一番忙しい時間帯ではないでしょうか?


うちの場合、主人が7時過ぎに出て、

娘は7時40分ごろ出ていきます。

私はだいたい9時から9時半ごろには息子と買い物やらなにやら出掛けます。

週1回、仕事(ボランティア)の日はもうちょっと早めに家を出ます。


それまでに、

夫の前日の食器の片づけ、

洗濯機を回す、

夫に持たせるおにぎりとコーヒーの準備、

娘には水筒、

自分と子供たちの朝ごはん(ご飯とみそ汁)、

ゴミをまとめて玄関に置く。(ゴミ出しは娘の仕事です。)


ここまでをとりあえず夫と娘の時間に間に合うようにやります。



そして、その後洗濯物干しと、

自分の身支度(髪を洗って洗顔、歯磨き、メイク、着替えetc.)、

息子のおむつ替えと着替え、

キッチンの洗い物。


これを9時くらいまでにわーっとバタバターっとやっているわけです。

文字通り、息つく暇もありません。

ほんとにくるくるとずっと動いてます(笑)



でも、

こんなのは全然甘い方でしょうね。

夫や子供のお弁当を作ったり、

自分も仕事に行くから、8時前には家を出る!

なんて方もいらっしゃるでしょう。


私には想像もつかない生活ですが、

5時起きとかで、出発時間に向けてバタバタバタバタを毎日繰り返すなんて…、

ほんとうにお疲れ様です。


お仕事でいっぱいいっぱいの場合はどうしようもないのかもしれませんが、

私のようにほとんど専業主婦の場合、

朝のこのバタバタをもっと優雅に穏やかに過ごせたら、

それってすごく贅沢なことに思います。


ふと、朝のみそ汁をせっせと作りながら、

「もっと心を込めて、丁寧に作れたらいいのに…」

なんて思ったり、

起きて間もない、頭の重さを感じながら、

「起き掛けに少し時間をとって、ストレッチでもできたら気持ちいいだろうなぁ」

なんて思ったりします。



でもよく考えれば、

それって30分余分にあればできることなんですよね。

実際夏場は5時に起きてストレッチやら読書やら色々してました。

読書のキリがつかず、仕事に取り掛かるのが遅くなって結局バタバタ…なんてこともありましたけど^^;



ともあれ、

時間に追われて仕事をすることのデメリットって予想以上に大きいと思います。

その焦りのおかげで、ご飯やお弁当は雑になるし、

子供を叱る場面も増えるし、

そのせいで自己嫌悪に陥ったり、

なにより、キリキリしてること自体が自分にとって相当ストレスですよ。



だからできるだけ、余裕を持って起きること。

そのためには、とりあえず早めに寝て、しっかり睡眠をとることですね。

「しなきゃいけないから」ではなく、

その方が心穏やかに過ごせるから。

つまりは自分が心豊かに過ごすために、です。


しっかり寝て、無理なく早起きができて、

焦ることなく優雅に朝の家事をこなす。

それってある意味主婦の特権^^

贅沢なことですよね~

しかもこの贅沢、お金もかからないし~♪
















スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。