ひまわり

ARTICLE PAGE

オーガニックコットン100%を選ぶ理由

春ですねー^^

暖かくなると気持ちも柔らかくなって、

目にするものも彩りが豊かに、華やかになってきます。

IMG_2121.jpg

ということで、今日は瑞々しい果物とお花のあしらわれた豆乳シフォンケーキ♪

このお花は食べられる食用のお花だそうですよ。



年を重ねるごとに、

派手なものや人工的なものよりも、

自然な優しさや美しさ、穏やかさに心が惹かれるようになってきました。


イマドキでオシャレなだけのものがちょっとチープに見えてきて、

本質的で自然な美しさ、そして、そういうものを大切にすることに価値を感じるようになってきています。


例えば肌着や寝具。

値段と見た目で選んでいたのが、

今は素材や質、心地よさ、持ちの良さを重視するように。


2、3年前に買った娘の掛布団カバー。

お布団を買うついでに、無難な柄で安いものを深く考えずに買いました。

ポリエステルを使った生地だったため、すぐに細かい毛玉がついて残念なことに…。

それでも「まだ使えるし…」とねばっていましたが、

さすがに買い替えようかな~と思っていた頃、

ふと隣を見ると、

息子が使っているベビー布団。

こちらももう3年以上使っているんですが、

オーガニックコットン100%の商品。

だからなのか、

娘の物ほど劣化せず、何より肌触りが変わらず気持ちいい!



そのことに「はっ!」っと気づき、

今度は娘のもオーガニックコットン100%の物を選びました。




お値段はそんなに高くありません。

それならば余計に、普通のものよりこちらを選びたい。

色もとっても優しくてきれい。

ガーゼなのでやわらかくて肌触りもすごく気持ちいいです。


もしかしたら耐久性は普通の綿100%のものとそんなに変わらないのかもしれません。


でも、自分がいいものを使いたいというだけでなく、

化学薬品を大量に使った、ただ安いだけの物よりも、

環境に考慮した質の良いものを選ぶことで、

そういうものを作っている会社を応援し、

そんな風に「環境を考えたもの選び」が当たり前になるといいな、という願いも込めて。


そして選び方以上に大切なのは、使い方。

これだけの人口の日用品を賄うには、

相当の資源が必要です。

例えオーガニックだって、大量に作るとなれば素材はもちろん、

作る過程にもたくさんの物が必要になります。

だから、一人一人が買ったものを大切に、長く使うこと。

当たり前の事なんですけど、それが一番大事ですね。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。